忍者ブログ
12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


黎明録発売前に描いた白黒平助。発売前後に本ブログのトップにしてたやつです。
でかすぎてサムネイルできねえとブログ様に怒られました(しかし面倒なのでそのまま載せる…)重いでかい注意です。

あと本ブログのトップにしていたものなど。
PR

らくがきです。
テレビ買い替え記念に、ずうっとやり直したかったPS2薄桜鬼で平助ルートやり直して思ったこと。
油小路でかばったとかかばわれたとかそれによる羅刹の苦しみを見られるとか見せられるとかへいちづルートって人間の関係性的には隊士中一番重たいのではないだろか。前々から思っていたけどやっぱり一番暗くて重たい気がする。それを救ってくれるのが、友達っていう二人の関係なんだろうなーと思いました。土方ルートで千鶴が「平助君は絶対しない!」と言うところとか、お互い人間性をすごく信頼してる感が好きで、たぶんへいちづルートでもその信頼がお互いを救ってるんだなと思う。何が言いたいかというと、あんなくそ重たいテーマをかわいさでふきとばすへいちづ好きです。本当に平助君とか戦闘の最中にいろいろ宣言しなくていいから!千鶴ちゃんも二人の空気作りすぎですから!
さらに蛇足。お互いの罪とか罰とか(他にいい言いようが思いつかない)あえて口にするのがおきちづで、口にしないのがへいちづな気がします。おきちづはお互いの内へ内へと進んでいってへいちづはとにかく前へ前へ!って印象。
アニメ6話まで見ました。例の沖田さんと左之さん回。(話数に自信がなく…)
碧血録、早くも15話ですが、予想通り構成がすばらしすぎて作業で流すつもりが流せない状態です。あれほどつらい…つらい…と思っていた新選組崩壊の流れですがここまで来ると逆に興奮してくるから不思議。(いえ、アニメの描き方がすごく好きですばらしいおかげなんですが!甲府で左之が呆然としている近藤さんに手を差し出すシーン、すごくすごく好きです。あきれてもおかしいと思っても道が違っても仲間であることに変わりないとあの手が示している気がして)(そしてまさかのさのぱちちづスチルがあんなところに)
平助君については…察してください…16話の予告のかつてない平助率ってもしかして…ザワ…ザワ…久しぶりに千鶴呼びが聞けて嬉しかった…ザワ…どどどどど切ない持ってき方の一人酒にアニメ、容赦ないと思いました。もう夕方から呑むなよーってからかいも言い合いもできないだなあってあの数秒のカットで思い知らされます。あと平助君腰細いです。毎回思う。

書ききれないけど土方さんもさのぱちも不知火さん(!)も近藤さんも島田さんも斎藤さんも風間さんも沖田さんも綱道さんもモブで沢山死んでいった人たちもすべて忘れがたいです。山南さん1シーンなのにインパクトぱねえと思ったらコートを脱いでいました。
薫は、どうか安らかにゆっくり休んでください。千鶴と見つめあうシーン、本当に切なかったです…SSLで待ってます…。千鶴が出生の秘密を知ってからたった数分で涙ぐむ流れまで持っていけるアニメ、本当にすごいです…。あと風間さんのアニメでの立ち位置好きです…。
PREV  HOME
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)